乾燥肌の人のための洗顔のやり方

顔洗ったらどうしても顔が突っ張ってしょうがない、顔がひりっとする・・・等々、肌の乾燥が原因の症状に悩まされてる人が最近増えています。

 

実を言うと私もその一人でして。生まれながらのアトピーの持ち主です。手や足に症状出てくるだけでも結構辛いんですが、一番目立つ顔に症状が出ると気分がかなり滅入ってきます。

 

顔に付着した汚れを落として肌のトラブルを予防するには洗顔が一番なんですが、洗顔方法が正しくないと、乾燥肌を悪化させる恐れがあります。そういう時は洗顔方法を変えてみる事で、肌の状態が良い方向に行くかもしれないです。私自身もその方法を実践して、症状が随分改善されてきたので。

 

というわけで今回は正しい洗顔方法と使う洗顔料についてを解説していきます。

 

乾燥肌はどんな状態?

普通人の肌は、汗を流したり、自然に蒸発する事で水分が減っていきます。この時出ていく水分のせいで肌の水分が著しく不足してしまうと肌が乾燥します。

 

普通は水分を不足させないように、皮脂膜や角質細胞間脂質、天然保湿因子などが肌を守るために動いで肌が保湿されますが、色々なことが要因となってこれらが不足状態となり、乾燥から肌を守ることが出来なくなることがあります。

 

その結果肌の水分が減っていき、乾燥肌となっていくわけです。

 

顔で乾燥しやすい部位は主に口周りや目の周辺が多いですね。乾燥肌になってしまうと、顔を洗ったり、お風呂に入った後、顔の皮が突っ張ったり、肌がカサついてきたりするという症状が出てきます。

 

そうなると、ちょっとの刺激でも敏感になってしまい、妙にかゆみを感じたりします。下手に放っておくと、肌のバリア機能が弱まった肌を守ろうと身体が頑張ってしまい、肌が分厚くなったりします。

 

急いで角質層を生成しようとするので、生産が追い付かずに、未完成な角質細胞になってしまい、肌がごわついた感じになってきます。

 

どんな洗顔料を選んだらいいか?

そんなわけで、乾燥肌の人が使う洗顔料は、汚れを落としつつも、皮脂膜や細胞間脂質や天然保湿因子をうっかり洗い流さないものを選んでいく必要が出てきます。

 

1:おすすめなのは純石鹸

 

洗顔料の主な成分には、合成界面活性剤を使っているものが多いです。一応安全性の高い製品もありますが、その逆に肌を強く刺激してしまう物もあります。

 

普通の人では、一体どの界面活性剤が安全なのかを見分けるのは難しいと思いますので、ここは純石鹸を使ってみるといいと思います。

 

純石鹸ならば、使われてる界面活性剤は石鹸のみになります。

 

石鹸の界面活性は洗い流したらそこで終わるので、肌に与える影響は、洗顔をしている短時間で済むので心配なく使うことが出来ます。

 

純石鹸で顔を洗うと、ちょっと肌が突っ張ったような感じがしますけど、それは石鹸の働きで、皮膚がアルカリ性に近くなっているために起きています。でも肌は、弱酸性へと戻してくれる働きもするので、問題は殆どありません。

 

2:出来るだけ泡立ちがいいものを使う

 

洗顔料を肌に付着させて、洗顔するときに生じる指との摩擦は肌を痛めてしまう恐れがあります。

 

ですから洗顔料をよーく泡立てて使えば、指と肌はこすり合う事が無くなるので、安全に顔を洗えます。なので、洗顔料は泡立ちがよくて、泡がなかなか消えにくいものを選ぶと良いでしょう。

 

あと洗顔をする前に手を洗ってから洗顔料を泡立てれば、よりしっかりとした泡を立てられますよ。

 

3:使用してる油の種類を見る

 

当たり前の事ですが、石鹸の材料には油脂が使われています。

 

使われる油脂の種類には、パーム油やヤシ油などの植物性油脂や牛脂や豚油などの動物性油脂と、その数はとても多いのです。

 

ちなみに最近だと、オリーブオイルやココナッツオイルなどを使っている石鹸もあります。

 

どの油脂が原料になっているかにより、洗浄力や刺激が違ってくるので、幾つか買って使ってみて、自分に合ったものを選び出しましょう。

 

洗顔方法を見直す

洗顔料を見直せたところで、洗顔方法も見直していきましょう。

 

1:洗顔料の使う回数を少なくする

 

このように肌に優しい洗顔料を使用しても、刺激が全然ないというわけでないのです。

 

乾燥肌にお悩みの人は、洗顔料の使用を1日1回に減らすなどして、肌への刺激を減らすことも肌の状態を正常にするのに効果があります。

 

例えば、朝起きると、眠っている間に分泌される皮脂やほこりや汗などが肌に沢山付いています。

 

でもこれらはぬるま湯で洗い流すだけで、だいぶ落とすことが可能なのです。

 

2:洗顔料をきちんと洗い流そう

 

せっかく洗顔しても顔に洗顔料が残っていれば、肌にダメージ与える原因となっていきます。ぬるま湯などで、最低20回ぐらいはすすぐよう心がけましょう。

 

3:タオルも清潔にして水分を取る

 

洗顔後は顔をゴシゴシと乱暴に擦ったりせず、清潔なタオルを用いて抑えるようにそっと触れて水分を取りましょう

 

4:しっかりとした保湿を

 

洗顔の後は肌の水分が徐々に失われていって、放置すると過乾燥になってしまいます。

 

洗顔後3分以内に保湿を行う事が大切です。化粧水などできちんと水分を補充しましょう。その後で、保湿効果のあるクリームなどを肌に馴染ませ、肌をしっかりと守りましょう。

 

しかしいくら肌に良いものを使っていたとしても、クリームなどを塗り込む度に肌をこすってしまい、刺激になってしまいます。

 

乾燥肌へのケアの仕方は、出来るだけシンプルにやる事を念頭に置いて、あまり付け過ぎないようにしましょう。

 

乾燥肌の人が使う洗顔料は何がいいのか?まとめ

乾燥肌だと、皮膚のPHバランスが悪くなるので、細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

あと、刺激に対しても敏感になって、髪の毛や衣類に触れるだけで、かゆみが出たりします。

 

それを掻きむしったりすれば、更に悪化してしまい、ますます治りにくくなってしまいます。

 

乾燥肌はストレスや年齢からくることも多く、誰にでも起きる可能性があります。洗顔のみならず、生活習慣を見直したり、自分の周囲の環境を整えてみるなどで色々と対策して少しでも予防や改善につながるといいですね。

男性用オールインワンジェルランキングはこちら

まずはお手頃価格ではじめたいならこの2つが定番でおすすめ!

アクアモイス ZIGEN

アクアモイス

内容量

100ml/約2ケ月分

 

価格

5,184円

約86円/一日あたり

 

セット・定期割引

あり

 

ZIGEN

内容量

50ml/約2ヶ月分

 

価格

3,990円

約66円円/一日あたり

 

セット・定期割引

あり