花粉症は肌にも影響をあたえる?!

一般的な花粉症の症状は、くしゃみ鼻水、目のかゆみといった物が挙げられますね。

しかしその他に、顔が赤くなりかゆみが出る花粉症皮膚炎なるものを発症する人も多かったりします。

 

というか私がまさにその一人になるわけですが、花粉が飛ぶ季節になると肌がカサカサになり始め、赤みや痒みが出てきます。

 

毎年こんな状態では花見やGWすらまともに楽しめません。

 

皆が色々計画してワイワイ騒いでる中で、一人寂しく室内でゲームをする日々・・・

 

こんな生活やってられるか!・・・と思っていたがはほんの数年前の事。現在では色々な対処をしてだいぶ症状が緩和されました。そんなわけで今回は、この時期辛い花粉症皮膚炎についての対策を解説していきます。

 

そも、花粉症皮膚炎って何なの?

 

皮膚には本来バリア機能というものがあって、花粉ぐらいでは刺激を受けないように出来ています。

 

しかし肌が乾燥していたり、アトピーなどで皮膚のバリア機能が弱っているときに花粉が付着したら、そこから刺激となって皮膚が炎症を起こし始めます。

 

これが所謂花粉症皮膚炎という奴です。春という季節は結構乾燥してる上に風も強いという、肌が乾燥しやすい季節なのです。

 

でも花粉症皮膚炎は花粉のアレルギー反応で起きる症状なので、ただ皮膚バリアが弱っているだけで、花粉のアレルギーがなければ発症しません。

 

厄介な花粉症皮膚炎の症状とは

 

まず、皮膚が赤く腫れて、赤いポツポツが湿疹のように出てきます。痒くなることも多くて、目の周りとか、顔や首といった肌が出ているところに特に症状が出てきます。

 

ただ、アトピーのように肌がジュクジュクする事は殆どないですね。

 

とはいえど、やっぱり痒いもんは痒いわけで、おまけに鼻水も出るわで最悪な生活送る羽目になる事には間違いないです。

 

こういった症状がなくても、普段使っている化粧品でも、肌がピリピリしだしたら、花粉症皮膚炎になっている危険性がありますね。

 

花粉症皮膚炎の対策方法

 

さて、いよいよ本題。もしこの症状が出てしまった時にはどうすればいいの?

 

ということをこれから解説していきます。

 

1:食事や睡眠など生活習慣の改善

 

ハッキリ言って一番大事なことです。

 

睡眠をちゃんと取れば、ストレス解消にもなって、肌の状態も良くなっていきます。

 

肌のターンオーバーを促進させるために、ちゃんと睡眠時間は確保しておくようにしてください。

 

更に肌の調子を良くしておくために、食事も見直しましょう。ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンDなどが、花粉症を改善する栄養素といわれています。これらの栄養素をバランスよく積極的に摂っていくようにしましょう。

 

2:保湿を徹底する

 

乾燥により弱ってしまった肌のバリアを回復させるには保湿が有効打となります。高い保湿力を持つ化粧水やクリーム等を使っていきましょう。

 

表示に「アレルギーテスト済」とあるものなら、肌への刺激が少なく、ますます効果を発揮してくれます。

 

肌の保湿を冬場からやっていれば、春先の皮膚炎の予防に繋がります。既に空気の乾燥している冬場から、ちゃんと保湿して対策の準備をしておきましょう。

 

3:刺激を減らしていく

 

肌を掻いたり擦ったりしてしまうと、皮膚に摩擦が生じて、角質層への傷となります。

 

それにより肌のバリア機能がますます弱っていくことになるのです。

 

肌への刺激はなるべく減らしていくようにしましょう。痒い時はその部分を冷やすと痒みが楽になってきます。あとかゆみ止めも結構有効です。

 

髪の毛が当たればそれも刺激となってしまうので、髪をまとめたりして顔に神が掛からないようにしましょう。

 

とにかく花粉症皮膚炎の間は肌を刺激せず、難しいですが、なるべく化粧も控えたほうが良いとは思います。

 

でも働いている女性にとってはそんなことは無理なので、使う化粧品は刺激の弱いものを選んで使ってください。

 

4:なるべく花粉を皮膚に付けない

 

花粉症皮膚炎の原因物質はズバリ花粉です。ですからなるべく花粉を皮膚に付けないようにするのは結構有効な対処法となります。

 

外出するときは防止やマスクをバッチリ付けて、服の素材もつるりとした花粉が付着しにくいものを着ていきましょう。
首の露出を減らすために、タートルネックやストールを着用します。

 

そして家に入る前に、外で丁寧に花粉を払い落とします。

 

その次に顔や首、手といった比較的花粉がくっつきやすい箇所は、帰ったらすぐに洗うのを心がけます。既に発症していたら、洗顔料が刺激となってしまうのでぬるま湯などでそっと洗い流しましょう。

 

5:病院へ行こう

 

あまりにも症状が重くなった時や上記の対処だけでは症状の緩和が出来なかった場合は病院で治療を受けてみる事も考えておきましょう。

 

治療を受ける事で自分の症状に最適な対処法を教えてもらったり、薬を貰える筈です。

 

面倒くさがって自分の勝手な判断で病院に行かないでいると、症状はますます悪化してしまい、重症化してしまったら元も子もありません

 

下から鼻や目にも花粉症がある人ならば、病院で処方された薬によって皮膚症状も緩和される場合もあります。

 

あまりに症状が酷くなってしまった場合は、皮膚科も受診すれば、飲み薬だけでなく皮膚への塗り薬も貰えると思います。

 

・・・とはいっても私は皮膚科をあんまり信用してないんですがw

 

ステロイドを処方してくれるなら、副作用の説明やちゃんとした使い方を教えて欲しいものですよ。今までそんな医者ばかり当たっていたので個人的にですが私は皮膚科が信用できません。

 

もし病院に行くことにしたら、あまり受け身になり過ぎずに、積極的に病状を説明して、薬の使い方などをちゃんと聞いた方がいいですね。

 

皮膚炎は発症してしまうと、ちょっとの刺激でも皮膚が敏感になってしまい、悪化の一途をたどります。

 

元から花粉症のアレルギーがある人は花粉の季節になる少し前から対策を始めてみてください。そうすれば皮膚炎を悪化させずに済んだり、予防する事も可能かもしれません。

 

春は本来さわやかな季節なのに、毎年台無しにされないように、早めの対策をするようにしましょう。

男性用オールインワンジェルランキングはこちら

まずはお手頃価格ではじめたいならこの2つが定番でおすすめ!

アクアモイス ZIGEN

アクアモイス

内容量

100ml/約2ケ月分

 

価格

5,184円

約86円/一日あたり

 

セット・定期割引

あり

 

ZIGEN

内容量

50ml/約2ヶ月分

 

価格

3,990円

約66円/一日あたり

 

セット・定期割引

あり